橘ジュンさんにお会いしました!

 今日は研修会で、橘ジュンさんにお会いしました。

ずっと一度お目にかかりたいな〜、と思っていたのですが、

たまたま私が関わるNPO主催の研修内の講和会にお越しくださったのです。

NHKのテレビで彼女の活動を知り、

機会があったら講演会に行きたいと思っていたのですが、

仕事と重なることが多く、今回は運がよかったです。


街をさまよう少女たち。

居場所を失って行くところのない彼女たちに、

ただ理解してくれる大人もいるよ、と寄り添い支援するジュンさん。

表面に出てくる問題の大きさは違っても、

女性はいつも社会的弱者で、

年齢が下がれば下がるほどその弱さゆえに

負のスパイラルに入り込み犯罪に巻き込まれるケースも少なくない。


私の活動と、一見違うように見えるかもしれないけど、

「CAを目指す方々のキャリアカウンセリング」の看板を掲げていると

過去のトラウマから逃れるため、

辛い現実から逃れるため、

なかなか認めてもらえない欲求から、

あこがれの存在であるキャビンアテンダントになりたいと相談に来る女の子たちもいる。

到底まだまだ能力が満たないのは彼女たちもわかっているのだけれど・・・。

そんな彼女たちを、私は無下に追い返したりはしない。

彼女たちの何がそうさせるのか、耳を傾けて理解しようと試みる、理解できるかわからないのだけれど、出来るまで。

問題の本質が見えた時、彼女たちがその問題に自分で気付き、

向き合い、解決しようという力が湧いてくるまで支援をつづける。

たとえ、キャビンアテンダントにならなくても、

社会で認めてもらえる人、心地よいと思える場所が見つかれば、

そこから彼女たちはそこから自立していけるから。


キャリアの問題は、生き方の問題。

私は女の子たちの<生きる>に関わり、

将来彼女たちがずっと笑顔で過ごしてくれることが願いなのです〜。

支援をはじめてから、ずっとずっと言い続けていること。


「みんなの笑顔が好き、そしてみんなが大好き。」


ジュンさん、今日はありがとうございました。


ジュンさんが運営するNPO法人 bond project

ご賛同いただける方、女の子たちの居場所確保のため、是非寄付をお願いします。






なぜ学生は、なぜ企業はすれ違う?

 もっと普通に就活したいんですけど・・・


切実な学生の言葉です。

学生の新卒採用は、なぜ決まったレールを引かれてしまったのでしょうか。
(「大人の事情」なのでしょうが。)


 普通に会社の人に会って、普通に話がしたいのですが、
  これでは話しをするどころではありません。
  このまえの会社説明会では、採用コンサルタントの人が会社説明と質疑応答をしていて、
  採用担当者すら出てきませんでした。
 

さすがに、これには私も切れそうになりました。

学生も、単位がかかっている試験やレポートの時期には時間のやりくりも大変です。

必死に徹夜でレポートを仕上げ、やっと出席した説明会で表面的な答えしか出せない外部コンサルの話をきいて、

「よし!この会社にしよう!」と判断できますか?


一方で採用者側は、今年の学生の傾向をこう話しています。


 いや〜、今年は説明会の数日前に予約キャンセルが多くてね。人数確保できないんだよ。


おや?学生の話では予約取れないよ〜!と言ってますが。

ということは、何でもいいからとにかく予約しちゃえという学生が多いということでしょうか。

でも、これだけメディアやキャリアセンター、諸先輩方から不安を煽られれば、嫌でも「とりあえず予約」しちゃおうという気持ちになりますよね。

一概に、それはいい加減な学生のせいだ!とも言えないわけです。


我々支援者も、もっと頑張らねばならないのですが、

一部の企業にだけでなく広く就職活動ができるように学生を促す必要もありそうです。

私のような者が中小企業の社長様数名から、

「いい学生がいたら、是非紹介してほしい!」

と学生の紹介を頼まれるほどなので、よほど学生の目が偏ってるということです。

学生に、なぜ中小はだめ?と聞いてみたところ


 え?むしろ中小を探しているんですが、見つからないのです!


なぬ?お互いに出会えない状態なのか?


学生は、出逢いを求めています。企業も出逢いを求めています。

普通に出逢うべくして出逢う、そういう就職活動って、もう今の時代出来ないものなのでしょうか???




謹賀新年

 新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、皆様に支えていただき、

なんとかかんとか

仕事に家事に大学院に・・・とこなすことができました。

今年は、新たな気持ちで始めたいことがあります〜。

論文執筆もそうですが、

仕事でもチャレンジをしていきたいです!

お仕事でお世話になっている皆様、

就活中のストラッセ東京メンバーのみんな、

就職活動を控えた学生のみなさん、

そしてストラッセ東京のスタッフのみんな〜

今年もよろしくお願いいたします。

「スチュワーデス塾」女子会参加のみなさまへ<御礼>

 本日は、「スチュワーデス塾」様からご依頼を受け、

再就職の講和<キャリアカウンセラーの仕事>をさせていただきました。

13時30分から、16時までの予定でしたが、

講和に90分、そのほか質疑応答などに90分、

そして残ってくださった方々との談笑に1時間半、

18時前までみなさんのキャリアに向き合った4時間半でした。

みなさま、本当にありがとうございました。


アンケートを読ませていただいたのですが、

全員の方から<受講して良かった>のご評価をいただきました。

オール「」です。

(さすがのホスピタリティー

CAならではのご回答で、

普段厳しく評価されている私ですのでとても癒され、

昔を思い出しなんとなく懐かしいかったです!笑)

そして、コメントにも


● もっと詳しく聞きたい

● また企画してほしい

● キャリアカウンセラーのことが理解できたし、この分野でまじめに取り組んでいきたい


など、発展的なご感想が書かれていました。

是非、次回はレベル別のセッションや、情報提供会などにしてきましょう。

そして、皆様もボランティアでもいいですから、役割を持てるところに出ていきましょう!


お子様をお持ちのCAの方々からは

「娘/息子の学校で是非講演を!」

と思いがけないオファーをいただきました。

今、高校でもキャリア教育がとりいれられていますが、

進学校ではまだまだ<受験勉強>重視の進路指導が中心です。

今日の講和から<キャリア>の考え方を知り、

「私より、娘/息子に聞かせたい!と思ってしまいました」

とお話くださったのがとてもうれしかったです。

本当にありがとうございました。


11月9日法政大学のワークにご見学のみなさま、

来週に法政大学の教室でお会いしましょう!


<<<参加者への最後のひとこと>>>

人は役割を持ち、社会の一員となります。

はじめは小さな役割でも、その小さな役割を果たしていくことで、

小さな役割から次の大きな役割へさらに大きな・・・と繋げることができます。

有償でも無償でも、その役割の重さは同じ〜。


ちっぽけな私ですが、

みなさんと社会とを繋げる橋渡しのお手伝いができれば嬉しいです。




オフィシャルサイトバナー ←古澤への講演・研修のご依頼はこちら

職種を変えることの困難さ 〜キャビンアテンダントからのキャリアチェンジ〜

こんばんは 昨日から雨が続いています。

このところずっとランニングをしているのに、連日の雨でトレーニングできません

明日こそ!なのですが、明日も雨なのだそうです


さて、11月1日月曜日は現役CA、CA志望者ならだれでも知っているサイト

「スチュワーデス塾」さんのご要望を受けてセミナーを開きます。

キャビンアテンダントからのキャリアチェンジで、

<キャリアカウンセラーになる>をお話します。

実はキャリアカウンセラーは、

キャビンアテンダントからの転身が多い職種の一つになりつつあります。

かなりの数のご予約が入っているとの連絡をいただいているので、

出来る限りの情報をお伝えし、みなさんの未来に役立てていただきたいです。


さあ〜、明日も楽しくお仕事しましょう〜


オフィシャルサイトバナー ←古澤への講演・研修依頼はこちら


DUAL LIFEを送る レバレッジコンサルティング株式会社 本田直之さん講演会のご案内 【参加無料】

【PR】

古澤が大変お世話になっている、
法政大学キャリアデザイン学部専任講師田中研之輔先生のゼミ(TTC)主催の講演会のご案内です〜!


あこがれのライフスタイル・・・デュアルライフ(海外と日本に生活拠点を置くこと)



外資航空会社キャビンアテンダントの中にも、
このデュアルライフを実践している方が多い。
私もCA時代〜退社後数年間はこのデュアルライフを満喫してきました〜。
デュアルどころか、、、京都~東京〜欧州になっている時も。

そんなこと、不可能だよ〜!
ふざけてる!
いいねぇ〜、楽しそうで!

と言われることしばしば。
でも、国境ってそんなに大きい問題?
私にとっては、ヨーロッパも日本も大切な大切なふるさと。
簡単に捨てることはできません。。。。

私がわたしであり続けるために、
いつかまた欧州と日本の生活を取り戻したい

と、いまでも本気で考えています。


デュアルライフを送る 本田直之さん のご講演から、
グローバルに生きるヒントを得ませんか?

コメンテーターの皆さんも超一流の方々〜〜〜!

(以下、田中先生のブログからのコピーです。
お申込みは下記のエントリーフォームから。。。

嬉しいことに、「無料」です!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月12日 「グローバルキャリアの最前線」 法政大学キャリアデザイン学部TTC主催 特別講演会

 
特別講演会エントリーフォームは → こちら


*法政大学講義「コミュニティ入門供廚亮講者は本エントリーは必要ありません。本エントリーフォームは、他学部・他大学学生、ならびに、一般参加の方々専用フォームです。

開催日:2010年10月12日(火)
講演会時間:15:10〜16:40
開催場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
    :外濠校舎 6階 さったホール

参加費:無料

講演会:
基調講演:本田直之さん レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長 @naohawaii 

コメンテーター
渡瀬ひろみさん 事業創造コンサルティングと事業創造人材育成 渡瀬ひろみ事務所 代表   @hiromi2000 
望月直樹さん ラッキー商会代表取締役社長  @naoki_mochizuki  
渡邊大介さん サイバーエージェント ソーシャルメディアマーケティング事業部 事業部長 @a_d_m_a_n 

司会  田中研之輔 法政大学TTC代表アカデミックトレーナー @KennosukeTanaka

(*上記、@はtwitterのアカウントです)

(*さったホール…フォーム上文字化けしてしまうのでかな表記にしてあります。御注意ください)

(*講演会当日は、twitterで質問を随時受けます)

古澤有可オフィシャルブログ開設! ごあいさつ

 これまでのストラッセ東京のブログから、

私の記事を独立させ古澤有可の公式ブログにしました。


私は講演活動、就職支援活動を通じて

普段多くの若者と触れ合っています。

年間の延べ人数は平均15000人以上

昨年は2万人に達しています。

訪れる大学・高校は、

有名私立大学や進学高校から、

不登校や引きこもり、問題行動などの問題を抱えた高校生が通う定時制高校や分校まで様々です。

「たいへんでしょう?

と言われることしばしばですが、私は決して大変と感じたことはありません。

こうやっていろんな高校・大学で活動していくと、

個々の問題の背景に隠れた問題の本質が見えるようになります。

「実務家だから出来ることを、実務家レベルでやっていこう!」と決めて活動してきましたが、

その本質部分は一実務家で解決できるほど容易ではありません。

ですが、実務家の目を通しての問題提起や情報発信によって、

多くの方に問題意識を持っていただく働きかけなら私にもできそうです。

このブログでは、私の活動の報告や日々若者と触れ合う中で感じたこと、

自身が学びの中で気付いたことなど綴っていこうと思います。


また、高校生や大学生が参考にしてもらえるような、

「キャリア」に関する情報も発信していきます!

忘れてはならないのが私のかつてのフィールドです。

「航空業界」や「航空業界への就職」の話題もたくさんでてきます。

あっ!そうそう!時々講演で訪れたご当地ネタも出てきます!

定期的に購読していただけると嬉しいです。

これから、よろしくお願いします!


キャリアに関する講演・研修
キャビンアテンダント・グランドスタッフなどエアライン就職支援プログラムのご依頼は

ストラッセ東京まで


キャリアとは・・・生活や仕事すべてを含めた人生そのもの



| 1/1PAGES |

オフィシャルサイトバナー twitter
スタッフサイト
mixi

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 茨城・常盤大学高等学校 実践面接マナー講演&ライブ模擬面接
    カイボー (05/12)
  • ドイツから、ロシアから・・・ 「いつ欧州に来るの?」 & 海外語学学習の秘訣
    ケイト (09/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM